自社専属大工が建てること

技術を代々継承し、『家』の名に恥じない住まいを作り上げていく、関工務所が誇る棟梁と大工が手がける家。

 
 大工は一本一本の木の性質を見て、この木材はどう使われたら一番良いかを目で見て判断し、時には使えない木材をはじいたりしながら木材を吟味し、全て違うはずです。どこに力が一番かかるかどう組んでいったら一番強い家になるかを頭に描きながら墨を付けていく。墨付けができるようになるまでには多くの時間と経験が必要になりますが、当社が大工の育成に力を入れていることの理由もそこにあります。本当の大工を育てていくのは、大半のお客様が一生に一度の大きな買い物である大切なお住まいを最後まで責任を持ってお引き渡しを行いたいし、とても長い年月を安全、安心に暮らしてもらいたいが為であり、このままでは失われつつある技術を後世に継承していくのが当社の責任と思っているからです。
 『家』の名に恥じない住まいを作り上げていく、関工務所が誇る棟梁と大工、専属大工が手がける在来工法の家を「自然素材の家」としています。

関工務所のこだわりの技術力

ACCESS

 本社 〒378-0101  群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎支店 〒370-0018  群馬県高崎市新保町271-1

CONTACT

本社 TEL   0278-52-2239 
高崎支店 TEL 027-386-3432

HOME | 技術のこだわり | 自社専属大工