住宅コンテスト受賞作品

毎年群馬県で行われている「ぐんまの家」設計・建設コンクールでの入賞作品や「TH大賞(トータルハウジング大賞)」「TEPCO快適住宅コンテスト」にて入賞した作品を紹介しています。

「2017ぐんまの家」設計・建設コンクール
優秀賞 (まちなか住宅賞)

リュウノイエ

 

既存建物は、南側を広く開けた北側に配置していた。午後になると、西側隣地建物により日影となる。また、南側前面道路は車・人通りが多く、視線も気になった。これら近隣環境を考慮した結果、大胆にも南側を閉じるというプランに至った。
道路側からは想像できないが、室はすべて中庭を回廊するように面している。どの室からも、光・風・緑を”感じる”。また、ご夫婦が個々の時間を過ごしていても、お互いを”感じる”ことができる。この”感じる”がコンセプトだ。外部から遮断された空間。中庭の緑が季節を運び、光と風がご夫婦に寄り添うように時が流れる。
 
設計・監理:IZ建築計画/施工:(株)関工務所

 

「2017ぐんまの家」設計・建設コンクール 優良賞 

やねなみのいえ

 

南・西側にそれぞれ3階建てマンション、東に2階建てアパート、北に戸建て住宅が建ち並ぶ、建物に囲まれた敷地。
高さ・角度を複数の模型を作るなど綿密なスタディーを繰り返して計画した3枚の屋根により、近隣からの視線や日照・通風をコントロールし、外部からの視線を遮りながら光と風が通る気持ちの良さを感じられる空間を提案。それにより生まれる用途別の3つのボリュームを西側マンションの型ガラスFIX窓の面に面した位置に配した中庭を取り囲むように配置し、屋根並みが街を形成するような『光と風が通る気持ちの良い家』となるよう計画。
 
設計・監理:アトリエN/施工:(株)関工務所

 

「2017ぐんまの家」設計・建設コンクール 優良賞 

「カコミノイエ」

 

切妻屋根の農家住宅と農地が点在する、南側が幹線道路への抜け道になっている比較的交通量のある道路に面する敷地。特にプライバシーの確保を強く希望されるご夫婦のために、周りに対してただ閉じるだけでなく、明るく開放的な住空間を目指した。
元農地の比較的広い敷地を塀ですべて囲みこむのは費用が掛かりすぎてしまうので、建物の形態とアプローチの軸線に建てられた最小限のコンクリート壁により、四方からの視線を止められるよう計画。周辺の住宅がほぼ切妻屋根の農家住宅が建っているところから切妻屋根の建物が敷地を取り囲むように配置し、その建物とコンクリート壁に囲まれた庭に向けて各室を配することで、それぞれに風や光が行き交い、外観からは想像できない広がりある内部空間を実現した。また、視線の抜けや角度の振れにより家族の気配を緩やかに感じ取ることができるよう計画した。
 
設計・監理:アトリエN/施工:(株)関工務所

「2016ぐんまの家」設計・建設コンクール 最優秀賞 

「てれこ屋根の家」

 

時に明るく開放的であり…時に落ち着く閉鎖的な空間であってほしい住まい。
そんな互い違いな要望を高低差のある敷地を逆手に取った計画と、深い軒を持つ互い違いの屋根により、プライベートな空間に光と風を取り込んだ おおらかな住空間ができました。
設計・監理:アトリエN/施工:(株)関工務所

「2016ぐんまの家」設計・建設コンクール 優良賞

「台新田の平屋の家(瓦屋根で平屋の家)」

敷地の南側が広く、北側は道路を挟んで奥様の実家がある環境のなか平屋で瓦屋根を希望されました。
自然で素材感があり、明るく優しい雰囲気と風が抜けるような設計を心がけると同時に耐震性と耐久性、省エネ性を兼ね備えた長期優良住宅になるようにしました。 
できるだけ無垢材を使い構造は県産材を使用、内部の天井や外部の軒裏も県産材の杉材を使用しています。
外観は庇を長くして日差しや雨を遮りながら落ち着いたシンプルな外観としています。
設計/施工:(株)関工務所

「2016ぐんまの家」設計・建設コンクール
リフォーム住宅賞・優秀賞

 

LIXILメンバーズコンテスト2016 
リフォーム部門 敢闘賞

 

「郷原のおばあちゃんの家」

祖母が使わなくなった築50年の家、地震への不安と、冬寒くて夏暑い住環境、水回りの老朽化、部屋の暗さが気になり、住宅の新築も考えましたが、敷地の関係でリフォームを行うことになりました。
築50年となると一度骨組みにして基礎や骨組みからやりかえる必要がありコストも掛ります。そこで補助金や税制優遇がなどのメリットがある市の耐震補強や国の長期優良住宅化リフォームの補助金を利用することにより、少しでもコスト抑えながら高性能なリフォーム工事をすることにしました。
まず基礎、構造(耐震等級)、断熱、サッシ(省エネ等級)、劣化対策等級などの各項目をクリアーするために、現状がどのようになっているかのインスペクションを入念に行い、そのうえでお客様が希望されている間取りに合わせ、さらに各基準をクリアーするような仕様にしました。間取りやデザイン、仕様の要望は多岐にわたり当初は実現不可能かと思いましたが、若いご夫婦が子供と楽しく安全で長く快適に暮らせる家ができました。
設計/施工:(株)関工務所

「2014リクシルメンバーズコンテスト」地域最優秀賞

「ball house」

閑静な住宅街に建つ、無垢材や珪藻土、石など自然素材を多用した、ご夫婦のための平屋の住まいです。
ご夫婦の共通の趣味であるテニスの、「壁打ちができる室内空間が欲しい」とのご要望に基づき、テニス以外にも、ゴルフのパターやアプローチなど、「ball」にちなんだ運動ができるトレーニングルームを設けました。その配置については、「より手軽に運動ができるように」とのご要望からLDKに隣接させ、それらを方形屋根・垂木構造という構造をデザインに活かした、木質感あふれる一体的な空間とし、それを中庭に対して開き、採光や通風、落ち着きを確保しました。さらにはこのトレーニングルームは、たくさんのお孫さんが遊びに来た時には、とても喜んで走り回る楽しい空間にもなっています。
また動線については、多忙な奥様の家事をよりスムーズに行なえるよう、ガレージからキッチンなどに入る形とし、その周囲に洗面脱衣や風呂、物干し場、WIC、寝室などをまとめて配置しました。その他、書斎などとしても使える予備室なども設けています。
設計・管理:磯貝地域建築設計事務所 施工:(株)関工務所

「2013ぐんまの家」設計・建設コンクール
住宅金融支援機構北関東支店長賞

「光を取り込む家」 

土地に対して南が 度ふれている敷地。 
また、このあたりの町並みは住宅が密集している地域なため、外は閉鎖的に、中に開放的にすることで周りを気にせず、明るい空間が計画できるため、L型の建物で計画し、L型に計画することで南側に面する居室が多くとれ、効率よく光・風を取り込めるよう計画をした。

そして、お客様の一番のご要望でもあった「中庭」。 
その中庭を南北両サイドに配置した。

「北の中庭」は、玄関・廊下・和室から眺められるよう計画し、玄関からは「お客様を迎えるため」の中庭、廊下からは「和室に行くまでの雰囲気づくり」の中庭、茶室として使用する和室からは「茶を愉しみながら」の中庭と、一つの中庭でも様々な見え方ができるようになっている。

「南の中庭」はL型につくることで道路側は閉鎖的に、そしてL型にした事で出来た南側の中庭に大きな窓をレイアウトし、道路側からは想像しえない明るさと開放感を実現した。 

和室は奥様がお茶をやっており、茶室をご希望していたので、北側の中庭を眺めながら少しづつ和の雰囲気を感じながら、茶室へとつながることを意識し、渡り廊下を進んでからのレイアウトとした。 
また茶室にはお客様もお迎えするので、玄関からリビングを通らず、和室へ行けるようにも計画した。

またご主人の希望でもあった、「構造の強い建物」をかなえるため、木造でありながら大空間・大開口が可能でなおかつ耐震等級3がクリアできるSE構法を採用したので、LDKは広々した空間とでき、リビングを勾配天井にしたことでより広がりを感じられる。 

敷地条件とお客様の希望をふんだんに取り入れ完成した「光を取り込む家」。
これからお客様の色に染まっていくのが楽しみだ。
設計・施工:(株)関工務所

リクシルメンバーズコンテスト 2012地域最優秀賞

「稲荷台町の家」

新築、またはリフォームした日本国内の住宅で、“より豊かで快適 な住生活の創造”の提案がされているか、また“環境に配慮”しているかを審査基準とし、優れた施工物件を表彰する全国規模のコンテストになります。 

 
設計:プラスデザイン 施工:(株)関工務所

「2010ぐんまの家」設計・建設コンクール/家族に配慮した住宅部門優秀賞

「シカクイエ」

 
設計:アトリエN 施工:(株)関工務所

ACCESS

 本社 〒378-0101 
群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎支店 〒370-0018 
群馬県高崎市新保町271-1

CONTACT

本社 TEL   0278-52-2239 
高崎支店 TEL 027-386-3432

HOME | 会社概要 | 群馬県内での受賞歴