時を経ても美しさが変わらない佇まい

外観については、存在感を保ちながらも環境に馴染んでくような落ち着いた佇まいのデザインを心がけています。
 
家は消耗品ではなく、ずっと使うものでもあります。外壁などが新品の間は少々デザインが悪くてもきれいに見えるものですが、古くなると一気に見栄えが落ちていきます。
しかし、建物の形そのものが美しければ、外壁などが古くなっても美しさは変わりません。
逆に味わいも深まる建物になることもあります。
 
関工務所の家の基本的な形はシンプルですが、バランスを整えて違和感のない佇まいです。
「バランスの良い美しさ」ということは、築年数が経ち建物自体が古くなったとしても、その形自体は美しいままでいられるということでもあります。まさに「タイムレス」なデザインということです。
 

10月27日(土)・28日(日)伊勢崎市
「大開口サッシとバイクガレージがある家」完成見学会

寝室と収納を一階に配置することで夫婦の生活は一階で完結し、廊下を極力減らして無駄がないシンプルな間取り。
造作家具を多く設け、木のぬくもりを感じられる「大開口サッシとバイクガレージがある家」が完成しました。
 

関工務所のデザインの考え方

ACCESS

 本社 〒378-0101 
群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎 〒370-0018 
群馬県高崎市新保町271-1

CONTACT

本社 TEL 0278-52-2239 
高崎 TEL 027-386-3432

HOME | デザイン | 佇まいのデザイン