HOME | 作品事例 | 南北に長い土地を活かした開放感のあるL型の家

南北に長い土地を活かした開放感のあるL型の家

 建築地 群馬県伊勢崎市
 床面積 132.21㎡(39.91坪)
 工法 SE構法 2階建
 設計者 北爪 俊之

土地を有効利用しながら開放的な空間をご要望していたO様。

ほぼ正方形に計画したSE構法ならではの大空間LDK。
そのLDKをより広く開放的にするため配置した天井までの高さのL型大開口窓。
縦長の土地を有効利用してできたプライベートガーデン。
キッチン-水周り-WICの動線を考慮したプランニング。
階段の途中に設置したご主人の書斎スペース。

土地を有効利用し、SE構法らしい大空間・大開口を実現した「南北に長い土地を活かした開放感のあるL型の家」が完成した。

ACCESS

 本社 〒378-0101 
群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎 〒370-0018 
群馬県高崎市新保町271-1