景観に配慮した大開口L型窓のある家

 建築地 群馬県前橋市
 床面積 110.96㎡(33.50坪)
 工法 SE構法 2階建て
 設計者 北爪 俊之

家事動線と開放感のある大開口窓をご要望のF様。

この土地の東側景観の良さを考慮したL型に配置した大開口窓。
LDKの天井とそこからつながる外部天井のラインをそろえた杉板貼り。
外部のアクセントと階段への採光を確保した大開口FIX窓。
奥様希望の玄関からキッチンへとつながる動線計画。
WICを1階に配置し、水周りの動線を簡略化させたプランニング。
お子さんが楽しめるよう工夫したプチロフト。

土地の条件を上手に利用し、景観・開放感・デザインを叶えた「景観に配慮した大開口L型窓のある家」が完成した。
 

ACCESS

 本社 〒378-0101 
群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎 〒370-0018 
群馬県高崎市新保町271-1

CONTACT

本社 TEL 0278-52-2239 
高崎 TEL 027-386-3432

HOME | 作品事例 | 景観に配慮した大開口L型窓のある家