ZEHへの取り組みNet Zero Energy House

こだわりの家づくり

ZEHとは

Net Zero Energy House=通称ZEHZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことです。
高い断熱性能に、さまざまな省エネ設備を組み合わせることで消費エネルギーを減らす。住宅にかかる消費エネルギーと同等以上のエネルギーを創ることによって、住宅にかかわるエネルギー収支をゼロ以下にするのがZEHです。

住宅は、これから低炭素化、ゼロ・エネルギー化が進みます。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に、低炭素住宅を進めていきます。
2020年には、300u以下の新築にも「2013年改正省エネ基準」を原則義務化へ、新築戸建の50%がZEHとなります。

低炭素に向けた住宅イメージ

一次エネルギーとは

「一次エネルギー」とは、石油、石炭、天然ガス、水力、太陽光など自然界から得られるエネルギー源のこと。これらを変換・加工して得られる電気、ガソリン、都市ガスなどを「二次エネルギー」と呼びます。
「二次エネルギー」は、それぞれ異なる計量単位(kWh、MJなど)で使用されているので、それを「一次エネルギー消費量」に換算することによって、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めることができます。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(ゼロエネ住宅補助金)

2020年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指し、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等、再生エネルギーを組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。

ZEHは補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。
2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。 これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。
※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
※2 平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。

ゼロエネ住宅補助金

今後の普及目標

SII公式サイトへ

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.