木風の家〜こふうのいえ〜

在来工法作品「矢原の家」

在来工法作品「矢原の家」

全体の平面計画、立面計画は一見すると単純な形ですが、通風、採
光、動線のバランスをみながら繊細に調整することで、外観と空間をつくりあげています。
 
外観ですが、切妻屋根で、玄関先に下屋を設け、目隠しのルーバーが特徴的な外観です。
全体の高さとサッシの位置を調整しながら、一部はね出し部分にするなどして、変化をつけながら、きれいな外観となるようにしました。
 
内部空間ですが、LDKの掃き出しサッシを連続させることで、大きな開口のようにみせ、和室から直線的に空間をつなげることで、通風と開放感をだしました。リビング部分の上部はたいこ梁の見える吹抜で、上部にも空間がつながります。

各空間は必要最小限の広さですが、工夫をこらした躍動感のある階段や、吊押入や畳下収納など、収納をなるべくつくりちょっとした壁の変化で空間に広がりが感じられるようにしました。
全体はコンパクトな家ですが、工夫のつまった、使いやすく、心地良い空間となるように心がけました。

設計パートナー:arie建築設計事務所

在来工法作品「矢原の家」 在来工法作品「矢原の家」

在来工法作品「矢原の家」 在来工法作品「矢原の家」

在来工法作品「矢原の家」 在来工法作品「矢原の家」

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.