関工務所とは関工務所の取り組み

関工務所の取り組み

関工務所の取り組み様々な活動に取り組んでおります

 関工務所は、日頃よりお世話になっている地域の皆様とより身近になれるよう、また仕事をこれまでしてこられた感謝の気持ちをもってガレージセールやボランティア、地域交流を行っています。
また、廃材利用や技術向上の取り組みも行っています。その一部を紹介いたします。

リフォームフエア&ガレージセール

ガレージセール日頃よりお世話になっている地域の方々へ感謝をこめて、毎年5月の終りに当社の事務所、作業場、駐車場にて開催しております。
もちなげの実演や、フリーマーケット、手芸・クラフト、キッズコーナーも充実♪ 木工教室は毎年親子連れで大盛況です。

2016年は5月28日(日)に開催されました。
来年も開催いたしますのでお楽しみに!

ページトップへ戻る

木製品寄贈

木製品寄贈 木製品寄贈

 周辺市町村へ、地域の皆様のお役に少しでも立てればと考え、木製品の寄附を行っています。
 平成29年で18年目を迎えました。ベンチやプランターなど、その道のプロが技術を遺憾なく発揮。市販品にはない丁寧な作りに仕上げられています。

降雪時の資源ごみ回収「網かけ台」寄贈

H21年10月14日の上毛新聞に、当社と協力会社「清和会」の取り組みが紹介されました。
10月13日に川場村内のごみ収集用の網かけ台54個を作り寄贈しました。
上毛新聞に掲載された記事はこちらよりご覧いただけます。

編みかけ台 網かけ台

ページトップへ戻る

現場清掃

工事期間中、騒音や振動などでご迷惑をしているにも関わらず、ご協力をくださった近隣の皆様にご恩返しの意味を込めて行っています。担当した監督・大工を始め、携わった協力会社等が一斉に掃除します。
※各現場おおむね2ヶ月に1回(ただし雪のある地域の冬場は中止しています)

ページトップへ戻る

道路清掃・草刈り・公共施設補修ボランティア

ボランティア ボランティア

毎年恒例となっている川場村の道路清掃及び草刈りを行っています。地元地域の皆様に少しでも恩返しができればと年2回開催しています。また地元公共施設の補修も行っています。

ページトップへ戻る

廃材利用

 当社は自社で木材・構造材・造作材を加工しているため、柱材、梁材、端材が多く出ます(現在は産業廃棄物として業者さんに処分してもらっています)。廃材利用そこで、環境問題やエネルギー問題が騒がれる中、木片やおが粉は有効な資源として、少しでも活用していただければと考えました。

関工務所の事務所脇には、おが・材木や、建築現場の廃材を置いている無人販売専用の小屋があります。
値段が付いている物と、無料の材木等が置いてありますので、お気軽にお問い合わせください。
 
※金額の明記がある品物は募金箱に金額をお入れ下さい。
※福祉団体に寄付等考えておりますので、無料の品物もお気持ちを募金下されば光栄です。

木片・端材差し上げます

木片・破材差し上げます

バーベキュー用木片、暖炉用木片、工作用材料を、お問い合せを下さった方に差し上げます。
お手数ですが、当社まで引き取りに来て下さい。

炭・おが粉売ります

炭、おが粉(ひのき、ひば、すぎ、すぎ・松等混合品)計6種類。
住宅の木材加工品で出る木片を炭、おが粉として、有効活用しています。
炭:防臭・防湿用に下足入れ等に入れると効果が期待できます。またプランターなどに入れて土壌の改良にも。
おが粉:昆虫やペットの飼育用に、防臭・防湿対策に、極めの細かい麻やガーゼに入れてアロマポプリやお風呂の入浴剤等、あなたのアイディア次第で様々な用途が広がります。
※金額は相談にて

割りばしリサイクル

割りばしリサイクル 杉・ヒノキの木片を(社)三和会に寄付し、そちらで木片は割りばしに加工されております。
 
製造されているのは群馬県桐生市の知的障がい者施設「エルシーヌ藤が丘」さん。
 
森林環境に配慮し、国内産杉の間伐材を有効活用しています。 
 

ページトップへ戻る

茅葺き屋根設計・施工、伝統建築

高等技術が要求される伝統建築。ここでも関工務所の技術が役立っています。
茅葺き屋根の葺き替え、土蔵の改修、古民家修復作業など。

茅葺き屋根設計・施工、伝統建築

ページトップへ戻る

大規模木造建築

大規模木造建築

ページトップへ戻る

ぐんまの優れたものづくり企業(一社一技術)

県産材の間伐材を使ったオリジナルログハウスキット

ログハウスキット
 県内の製造業をもり立てる事を目的とした県の事業「ぐんまの優れたものづくり企業(1社1技術)」において、当社の技術が堂々と認定を受けました。県産材の杉・等の間伐材を利用した当社ログハウスキット独自の形状をした製材製品で、サイズ・カットとも自由なログ材料キットです。
 従来ではログ材の交差部にノッチと呼ばれる部位を必要としますが、この技術はノッチを施さずにログを組み立て、ログ材を削ることなく材料そのものの強度を一定に保ち、誰にでも簡単に組み立てられ、すっきりとした外観のログハウスが可能です。資源の有効活用はもちろん、山林の健全化、林業の活性化、県産材の普及等につながり、大いに期待できる技術です。

 この「ぐんまの優れたものづくり企業(1社1技術)」とは群馬県の事業で、製造業全体のうち個性的な技術や独自の技術を持つ企業を認定し、より高い技術の開発を推奨、生産基盤の流出を防ごうという趣旨の元、平成12年よりはじめられました。これに認められるということは、他には簡単にマネできない高い技術を持っているという証です。今後も県内産業開発のため、なによりお客様にご満足いただくために、さらなる努力・開発を進めてまいります。

>>ぐんまの優れたものづくり企業(1社1技術)について詳しくは公式ホームページをご覧ください
>>公式サイトに公開されている当社のページ

ページトップへ戻る

専攻建築士

専攻建築士ってご存じですか?専攻建築士

 「専攻建築士」とは簡単に言いますと、お医者さんのように専門分野を明確にして、一般の人が自分のニーズに合った人を探せるようにしよう、という制度です。
 お医者さんもいろいろな専門分野があるように、建築士も(まちづくり、設計、構造、環境設備、生産、棟梁、法令、教育研究)など8つの領域に分かれています。
※分野の詳しい解説は こちら(日本建築士会連合会HP)

 又、この制度は更新時に「継続能力開発制度(CPD)」という継続的に学習や努力をしている事に対してもらう「CPD」単位の取得が必要になってきます。要するに、自発的な活動や学習など自己研鑽を怠っている建築士は「専攻建築士」の更新が出来ないという事になります。

 ちなみに当社の専務は「生産専攻建築士(戸建住宅)」として登録がすでに済んでいます。
 一定レベルの能力と実績があり信頼性のある優良建築士であるあかしの「専攻建築士」が、これからは家を建てるに当たっての目安になっていくと思います。 

皆さん(建てる側)のメリット

専攻建築士欠陥防止/建築士の信頼性確保/優良建築士を見分ける基準に/建築士への理解の促進
 建築士のより詳細な情報が開示されることにより、建築士の仕事、その役割や責任は何か、多様な専門家の位置づけも明確になり、建築全体への社会の理解が深まり、建築士への信頼も高まります。
 また、「専攻建築士」の顕在化は、「一定レベルの能力と、実績のない建築士」との区別・淘汰が始まり、「良貨が悪貨を駆逐する」ことに繋がります。その結果、欠陥建築の抑制・防止をすることができます。

※CPD制度とは

 建築士の資格を持つものが継続的に講習を受けたり、職務実績を積んだことを記録として残し、認定を受けるというものです。 要は「この人は資格を取ってからもちゃんと勉強してますよ」というお墨付きのようなものです。

ページトップへ戻る

バーベキュー大会

 毎年開催しているこのバーベキュー大会は30回を越え、大切な家を建てさせていただいたお客様、現在進行中のお客様を中心にお招きし、250〜400名が集まる伝統のある行事です。
 参加されたお客様は川場村の自然を満喫し、各種イベント・バーベキューにと楽しい1日を過ごされます。

バーベキュー大会 バーベキュー大会

ページトップへ戻る

地域ボランティア活動・愛宕山再生プロジェクト参加

地域ボランティア活動・愛宕山再生プロジェクト参加 地域ボランティア活動・愛宕山再生プロジェクト参加 地域ボランティア活動・愛宕山再生プロジェクト参加

川場村民に親しまれている愛宕山を再整備しようというプロジェクトです。地域の人がボランティアで集まり、山頂の愛宕社への階段整備と愛宕山を周遊できる遊歩道もつくり、弊社も参加させていただきました。

表彰状一覧

群馬県若年技術競技大会

H26 第一位 林

感謝状 川場村社会福祉協議会 地域貢献

H18.05.23 川場邑社会福祉協議会長 小林弘
H19.05.30 川場邑社会福祉協議会長 小林弘
H20.05.30 川場邑社会福祉協議会長 小林弘
H21.05.22 川場邑社会福祉協議会長 井上哲夫
H22.05.27 川場邑社会福祉協議会長 井上哲夫
H23.05.26 川場邑社会福祉協議会長 井上哲夫
H24.05.30 川場邑社会福祉協議会長 井上哲夫
H25.05.29 川場邑社会福祉協議会長 井上哲夫
H26.05.29 川場邑社会福祉協議会長 小林幹雄

感謝状 沼田市社会福祉協議会 地域貢献

H19.11.29 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H20.11.27 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H21.11.29 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H22.11.25 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H23.11.29 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H24.11.29 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 宮崎嘉久
H25.11.28 沼田市長 星野幹雄、沼田市社会福祉協議会長 津久井勲
H26.11.19 沼田市長 横山公一、沼田市社会福祉協議会長 津久井勲

感謝状 交通安全

S61.01.17 群馬県警察本部交通部長警視正 阪本照壽、群馬県安全運転管理者連絡協議会長 齋藤純雄
H04.03.19 群馬県警察本部長 櫻井勝、(社)群馬県安全運転管理者協議会長 鈴木奏而

表彰状 地域づくり

S62.06.24 沼田警察署長 警視 神保吉夫、利根沼田地区職場警察連絡協議会長 栗田良三

表彰状 職場安全

H09.10.06 沼田労働基準監督署長 小島正夫

表彰状 地域貢献

H12.05.26 (社)群馬県宅地建物取引業協会長 真下桂一
H26.05.30 群馬県商工会連合会会長 武藤幸夫

感謝状 地域貢献

H17.0530 全国建設労働組合総連合中央執行委員長 前田幸太郎、群馬県建築業組合連合会長 河合秀夫
H18.07.24 全国建設労働組合総連合中央執行委員長 前田幸太郎、群馬県建築業組合連合会長 河合秀夫
H21.0927 群馬県山岳連盟会長 羽野順一
H24.06 独立行政法人住宅金融支援機構北関東支店長 元木周二

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.