住宅の性能

2018年01月11日

 
こんにちは、設計の西村です。
皆さま、本年も宜しくお願い致します。

新年一回目、何を書くか悩んだのですが、今回は性能のことを少しお話したいと思います。

私は、初めてご来場されたお客様とお話をする機会が多く、当社の説明から住宅会社選びのアドバイスなどもさせていただいております。
家づくりを考え始めたばかりのお客様は、分からないことが多いとよく言われます。
建売住宅などの完成品を買うのでなく、自らオーダーして建てる注文住宅は確かに難しい買い物だと思います。
住宅はただの箱ではなく、基礎、外壁、屋根、サッシ、断熱材とあらゆる異種部材からできています。
その一つ一つの部材がしっかりと性能を持っていることは勿論、それが正しく施工されているかがとても重要です。
見極めるためにはお客様自身が建築の知識を持っていることが一番良いですが、なかなかそういうわけにもいきません。
それなので、信頼できる会社を見つけてプロに頼むことになります。

ただ、最近のお客様は住宅を建てるにあたってすごく勉強されているなと感じます。
断熱材や換気のことなど、よく踏み込んだ質問をされます。
すごいと思う反面、一生住むことになる家を建てるのですから真剣なのは当然ですよね。
ちょっとネットで調べた程度なんですが…と仰る方も多く、知識をつけるのは無理だけど少しでも賢く家づくりをしたい!という方にお話ししたいことを書こうと思います。


最近の住宅はやはり性能の良さがとても重要だといわれています。
夏は涼しくて冬は暖かい、地震に強くて、耐久性があって、電気代が安い・・・そんな家が理想ですよね。
どの会社さんのチラシやパンフレットを見てもそのような謳い文句はたくさんあると思いますが、では本当にそうなのか・・・?というと分かりませんよね。
それを証明できる一つとして、長期優良住宅制度があります。
長期優良住宅とは、国が定める一定の基準を満たした住宅を計画し行政に申請することで、家の性能を国が証明してくれる住宅です。
基準を設けられている項目は、省エネ性、耐震性、維持保全計画、劣化対策など多岐に渡ります。
簡単に言うと、国が定める基準をクリアした性能のいい住宅ということです。

この長期優良住宅ですが、基準をクリアすればどの会社さんでも建てることができます。
ただ、工務店ではあまり進んでいないのが現状です。
長期優良住宅できます!と謳っていても、実際に問い合わせると実績はほぼないと他社さんで言われたという話をお客様からよく聞きます。

それでは、やらない理由は何なのでしょうか?

それは、基準をクリアするのが難しい、申請が面倒、のどちらかだと私は思っています。
使用している断熱材では求められている基準が満たせないということです。

また、お客様から言われるのが「長期優良住宅にするといくら上がりますか?」です。
当社では長期優良住宅にしたからといって建物の金額は上がりません。(申請費だけは掛かります)
長期優良住宅にしてもしなくても、当社の標準仕様で基準を満たしているからです。
一般的に長期優良住宅にすると100~200万上がる!などネットに書かれていることもあり、そう思っている方も多いですが、そんなに掛けないと長期優良住宅にできないということは、そもそもの性能が低いということです。
前回の記事から繋がりますが、インターネット上の噂を信じ切るのは注意です!

また、申請に関しても、用意する書類が多く審査機関が厳しくチェックするので結構大変です。
それなのでやりたがらない会社さんが多いというのも事実です。
ですが、本当にいい家を建てるのであれば我々設計者や施工者がそこまでしっかりやるべきだと当社は思っています。

長期優良住宅に関しては税制の優遇も多くあるので、やって損はないと思います。

お家を建てる際は是非参考にしてみてください。

掻い摘んで説明したので、もっと詳しく知りたいという方は是非ご来場ください。


そして最近ハウスメーカーさんでも多くやっているのが、ZEH。
ゼロエネルギーハウスです。
当社ではZEHも推奨しているのですが、この話は次回にします(笑)
 


ACCESS

 本社 〒378-0101 
群馬県利根郡川場村谷地1950
高崎支店 〒370-0018 
群馬県高崎市新保町271-1

CONTACT

本社 TEL   0278-52-2239 
高崎支店 TEL 027-386-3432