重量木骨の家-SE構法-FESS STYLE HOUSE

耐震工法の家

木と金属と、匠の手

「重量木骨の家」 FESS STYLE HOUSE

耐震工法の家 在来木造住宅を県内で1200棟以上手掛けている関工務所が、その経験や技術の蓄積・改良をもとに、構造躯体を重量木骨造(SE構法)に特化させた家づくりをする上で、高崎事業部の名称をFESS STYLE HOUSEとしています。
FESSの由来は、F=フレキシブル、E=エコロジー、S=スタイリッシュ、S=セーフティーのコンセプトから来ています。

フレキシブル エコロジー セーフティー スタイリッシュ

SE構法へのこだわり

木造住宅では色々なメーカーの金物工法がありますが、その中で当社はSE構法を選んでいます。選んだ理由は、

1.全棟構造計算がなされている事
(金物工法で構造計算されていると言いますが、すべてそうではありません)
2.NCNという会社の取り組む姿勢が合致している 
3.加工精度が他のメーカー金物工法と比べると桁違いに良い事
4.保証制度が整っている事
5.第三者の検査が必ず入る事

重量木骨の家の住宅性能保証制度の保証体系

SE構法「重量木骨の家」プレミアムパートナー店

重量木骨の家

SE構法登録施工店522社(2009年3月末時点)のなかで、SE構法を軸として目指している「資産価値のある家づくり」への取り組みを行っているのが、「重量木骨の家」です。
「資産価値のある家づくり」への取り組みを実践しているSE構法登録施工店が、「重量木骨プレミアムパートナー」として、全国に73社(2009年3月末時点)あります。
そのうち1社が当社になります。
 
また、SE構法登録施工店のすべてが、「重量木骨プレミアムパートナー」に加盟できるわけではありません。
SE構法を知り尽くし、「重量木骨の家」の資産価値の家づくりへの取り組みを積極的に実践していることは、当然のこと、株式会社エヌ・シー・エヌからの一定の企業審査基準を満たしているSE構法登録施工店にのみ、「重量木骨プレミアムパートナー」に加盟できます。

→ 重量木骨の家公式サイト

施工例(SE構法)ピックアップ

※詳細は当社にまでお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.