木風の家〜こふうのいえ〜

木風の家〜こふうのいえ〜

木風の家----自社大工とつくる在来工法

技術を代々継承し、『家』の名に恥じない住まいを作り上げていく、
関工務所が誇る棟梁と大工が手がける家。

棟梁と大工が手掛ける家 大工は一本一本の木の性質を見て、この木材はどう使われたら一番良いかを目で見て判断し、時には使えない木材をはじいたりしながら木材を吟味し、全て違うはずです。どこに力が一番かかるかどう組んでいったら一番強い家になるかを頭に描きながら墨を付けていく。墨付けができるようになるまでには多くの時間と経験が必要になりますが、当社が大工の育成に力を入れていることの理由もそこにあります。本当の大工を育てていくのは、大半のお客様が一生に一度の大きな買い物である大切なお住まいを最後まで責任を持ってお引き渡しを行いたいし、とても長い年月を安全、安心に暮らしてもらいたいが為であり、このままでは失われつつある技術を後世に継承していくのが当社の責任と思っているからです。
 『家』の名に恥じない住まいを作り上げていく、関工務所が誇る棟梁と大工、専属大工が手がける在来工法の家を「自然素材の家」としています。

木のぬくもりや、やさしさ、自然素材の持つ質感を生かす家づくり

 天然木そのままの丸太を利用した柱や梁をあらわし、木の持つ雄々しさや美しさ、あたたかさを実感できます。
それ以外の柱や壁・床・天井にも無垢の木材を使用したり、けいそう土、しっくいなど自然のものを使用したり。もちろん、接着剤や塗装にも自然素材からできた製品を使い、有害物質やホルムアルデヒドを抑えています。
 自立循環型住宅(パッシブデザイン)への取り組みも試み、自然エネルギー活用(自然風の利用、太陽熱の利用、日射熱の利用及び遮蔽手法)など、またいかにエネルギー消費を削減していくか?(断熱材、太陽熱 高効率設備利用など)を考え取り組んでいきます。
手づくりにこだわり、出来るだけ自然のものを利用すると共に、エネルギー消費の面からは効果的な材料を利用する。そんな家づくりを目指しています。

木の温もりやさしさ、自然素材を活かした家づくり  木の温もりやさしさ、自然素材を活かした家づくり

在来工法施工作品ピックアップ

当社で設計施工させていただいた、在来工法のお住まいの一部です。
※他施工例は会社にたくさんございますので、興味がある方は是非ご来場ください。

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.