ハイブリッドソーラーハウス太陽と暮らす家

ハイブリッドソーラーハウス

ハイブリッドソーラーハウスは太陽のエネルギーを床に蓄熱して24時間床暖房と給湯をする住宅システムです。
24時間安定した温度・湿度を保つことによって、アトピーやぜんそくの1番の原因と言われている、カビやダニを大幅に抑制することができます。

〜太陽熱で全館暖房と給湯〜

ハイブリッドソーラーハウス1. ソーラー蓄熱暖房

寒くなったら
暖房期に陽差しがあるとき、屋根の太陽熱コレクターで暖まった不凍液が床下のパイプを循環します。こうして、昼間の太陽を夜から明朝までの床暖房のために、蓄熱しておきます。

ハイブリッドソーラーハウス2. 補助暖房

天候の悪い日が続いたら
日差しがないときは、補助ボイラーの助けをかりて蓄熱床の温度を確保します。
自動運転なので、操作はいりません。

ハイブリッドソーラーハウス3. ソーラー給湯

暖かくなったら
暖房が要らない季節は、太陽熱でたっぷり370リットルのお湯をつくります。
春から秋まではお天気さえよければそのままお風呂に入れます。冬でも、天気の良い日は、暖房運転しながら同時にお湯もわかします。

ハイブリッドソーラーハウス1+3(ソーラー蓄熱暖房+ソーラー給湯) 暖房・給湯平行運転

特に寒さが厳しい時以外は
屋根で温められた不凍液は、床を循環した後も残り熱を持っています。
この熱を持った不凍液は再び循環し、給湯にも利用されます。
こうしてほとんどの時期は、暖房をしながらお湯をつくる運転が行われます。

 更に詳しくハイブリッドソーラーが知りたい場合は、関工務所のハイブリッドソーラー特集サイトをご覧になって下さい。

ページトップへ戻る
Copyright (C) 株式会社 関工務所 All Rights Reserved.